DVD風よ吹け!未来はここに!!上映会&講演会・シンポジウム

2016.08.05.15:10

直前の再ご案内をさせていただきます。
上映会、講演会・シンポジウムは当日のご参加でも大丈夫です。

重度と言われる障害があっても、人工呼吸器をつけていても
いきいきと地域で生きる子どもたちの姿をぜひ観にいらしてください。
どうぞよろしくお願いいたします。bakubaku.jpg
東京DVD上映会講演会案内


8/6に開催いたします、バクバクの会作成DVD完成披露上映会&講演会の
ご案内をさせていただきます。
DVDは、人工呼吸器が必要な子どもたちが、親の付き添いなく保育園や
学校に通学している様子などをまとめたドキュメンタリーです。

たくさんのみなさまのお越しをお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------
◆DVD完成披露上映会&講演会
日時:2016年8月6日(土) 14:00~17:00(受付開始13:30)
場所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原3階ホールA
    東京都千代田区外神田1-7-5フロントプレイス秋葉原(秋葉原駅から徒歩5分程度)

・DVD上映会:
 「風よ吹け!未来はここに
 ~人工呼吸器をつけて地域で生きる~
         ともに生きる力を育もう!!」

・講演会:「障害者差別解消法とインクルーシブ教育」
      講師 一木玲子(大阪経済法科大学客員研究員)

・シンポジウム:「障害者差別解消法における合理的配慮の取り組み~ともに生きる力を育もう~」
      シンポジスト;横平寛志(人工呼吸器使用者の父親)
      永廣柾人(人工呼吸器使用者)

コーディネータ;一木玲子

バクバクの会DVD完成披露上映会&講演会

2016.07.22.13:49

◆バクバクの会DVD完成披露上映会&講演会
日時:2016年8月6日(土) 14:00~17:00(受付開始13:30)
場所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原3階ホールA
・DVD上映会:「風よ吹け!未来はここに
~人工呼吸器をつけて地域で生きる~ともに生きる力を育もう!!」


・講演会:「障害者差別解消法とインクルーシブ教育」
講師:一木玲子(大阪経済法科大学客員研究員)
・シンポジウム:「障害者差別解消法における合理的配慮の取り組み~ともに生きる力を育もう~」
シンポジスト;横平寛志(呼吸器使用者の父親)、永廣柾人(呼吸器使用者)
コーディネータ;一木玲子

〆切日は20日になっていますが、保育が無ければ当日の参加でも大丈夫です。
是非ご参加ください!

第28回北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会

2016.05.19.13:36

第28回 北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会
みんなといっしょに高校へ!

中学校卒業後の進路は支援学校しかないの?
点数は取れないけれど普通高校へ行けるの?

地域の小・中学校で 友だちと一緒に学んできたら、
高校もやっぱり、みんなと一緒の高校へ行きたいな…

高校を受験した人たちの 経験談を聞いてみませんか!!

内  容:「障害」のある子の今年度の高校受験の経過と結果・現役高校生や保護者からの現状報告:大橋慧士くんおよび関係者(その他当日飛び入り参加もアリ)
・会場からも参加してのフリートーク・終了後に、個別相談の時間もあります。

日  時:2016年 5月21日(土) 午後1時30分~4時30分

場  所:岸部市民センター多目的ホールJR岸辺駅徒歩9分 阪急正雀駅徒歩2分


資料代:300円
*手話通訳あります。
*保育はありませんが、お子さま連れで気軽にお越し下さい。
*学習会終了後、個別質問や個別相談の時間あり。どんなことでもご遠慮なく。
主催:「障害」のある子どもの教育を考える北摂連絡会
共催:すいた「障害」児・者の高校進学を考える会
協賛:障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議 高校問題を考える大阪連絡会
後援:大阪府教育委員会 池田市教育委員会 豊中市教育委員会 吹田市教育委員会
茨木市教育委員会 箕面市教育委員会 高槻市教育委員会 摂津市教育委員会
豊能町教育委員会 能勢町教育委員会 島本町教育委員会

第28回北摂連絡会学習会チラシ表
第28回北摂連絡会学習会チラシ裏




【熊本地震】八幡理事の現地リポート№4

2016.04.22.14:13

【熊本地震】八幡理事の現地リポート№4
http://yumekaze21.blog39.fc2.com/blog-entry-1207.html

今日は(4/21)昨日「やまびこ」の篠原さんから紹介された被害のひどいところ
だという作業所2か所を訪問する。

朝、連絡を取ると、西原村の「にしはらたんぽぽハウス」の施設長上田さんは午
後が都合がよいとのこと。
益城町の「九州ラーメン党そよ風福祉作業所」の代表浜田さんは11時ごろなら
OKということで、朝に少し余裕があり、東弁護士と打ち合わせのため 熊本学
園大へ。

ところが東弁護士と連絡を取ってみると、水等の準備があり、ここへ来るまでに
まだ時間がかかるということで、少し早めに益城町へ出発。

(そよかぜ福祉会はB型の作業所で、規模は利用者20名、利用者の安否確認はで
きており、全員無事でほとんどの方が避難所に避難しているとの事。 地域にむ
けて震災直後からラーメンの炊き出しを行っていました。同行の福田さん情報)

そよ風福祉作業所があるところは、横に川があるが、護岸がすべて崩れていた。
ナビでたどり着いたのは教会の建物。
駐車場でラーメンの炊き出しをしていると聞き、裏手へ回るとしっかりラーメン
の手配が完了していた。

そこの職員さんに代表はいらっしゃいますかとたずねると、やはり案内されたの
は教会の中。
やがて代表の浜田さんがやってきていろいろと話を聞く。
利用者も家が住めなくなっている人が多く、親せき宅などに避難しているものも
多いという。

避難している人についてはこの炊き出しに呼んで、一緒に過ごしているという。
自宅も全壊に近い状態で、今は車で寝泊まりの状態だといいます。

なぜラーメンなのかと聞くと、元がラーメン屋さんだったということ。
障害者と出会い、15年ほど前から作業所をしていた。
当時は補助金は年間75万円だったが、自立支援法ができてずいぶん楽になった
と聞きました。
東日本大震災以降に牧師となり、教会の掃除等を請け負う形で利用者の受け入れ
をこの教会にしているという。

水はまだ出ていないが、利用者やボランティアの寝泊まりする場所として、今後
教会を開放する予定と聞きました。
断水はまだ続いているとのこと。
部屋の中のピアノは倒れていましたが、建物そのものは大きな被害はない模様。
ただ近隣の家、隣の代表の家を見れば、ここが相当揺れた様子がうかがえました。
地震後、被災しながらも炊き出しはずっと続けているそうで、東日本大震災の時
もあちこちに炊き出しに行っていたといわれてました。


午後の訪問までは少し時間があったので、再び熊本学園大へ戻り東弁護士と打ち
合わせ。
東さんは車いすなので、熊本障害者労働センターが持っているIncという相談
支援事業所の構造についていろいろ聞かれました。Incが今後の被災 地障害
者センターくまもとの拠点となります。
スロープはあるもののトイレの改造は必要で、スロープのついているところが玄
関ではないので、鍵がどうなっているかなど、東弁護士自身が被災地障 害者セ
ンターに詰める気満々という感じでした。

最初にすべきこと、少したってからすべきことなどのレクチャーをしてきました。
ただ東弁護士は体調が悪化しており、あまり無理をなさらないでほしいと思います。

午後からは西原村の「にしはらたんぽぽ作業所」に行きました。
たんぽぽ作業所には利用者などが避難所として利用している傍ら、すぐ近くの公
民館に100人ほどの避難者がいるということで朝、昼、晩とそこの炊 き出し
をしているとのことでした。
建物は一見何事もないようですが、坂道の途中にある作業所のため、片一方の土
手が崩れているのが不安とのことでした。

今はみんなが寝泊まりするだけのスペースを設けたが、当初は仲がぐちゃぐちゃ
だったと写真を見せていただきました。
よく見ると部屋の中の棚はガラスが全部ない状態。
事務所部分は片付けが後回しになっているらしくぐちゃぐちゃで、部屋には入れ
ない状態でした。
「だから今はメールをもらっても見ることができません。」とおっしゃってました。

普段の作業は、ここでとれた野菜を利用して、レトルトカレーを作ったり、缶詰
を作ったり、ようかんを作ったりと、主には加工の仕事。
機械が動くかどうかはまだ試してないのでわからないとのことでした。

ここでも「何か困ったことがあったら、ゆめ風基金まで連絡をください」という
ことと、「今は現地の支援センターもできています」
ということを伝えました。


「何か足らないものがあったら教えてねって、いわれるんだけど、今は炊き出し
のためのプロパンが一番ほしいのよね」と自分のことよりの他への支援 のこと
を真っ先に考えておられます。
利用者のみならず、近所で困っている人がくると、気軽に「ご飯食べた?ここに
はいくらでもあるか食べて行ってねえ」と次々に訪問してくる方々にも 声をか
けられているのが印象的でした。
でもこの作業所は物資がいっぱい並んでいたり、大きな炊き出しの窯があったり
と、作業所というより「避難所」のような様子でした。

以上

★☆被災障害者でお困りの方は、電話 06-6324-7702、FAX:06-6321-5662 
メール:yumekaze@nifty.com にご相談ください。

★障害者救援金は
郵便振替口座00980-7-40043ゆめかぜ基金
「くまもと」とお書きください。
プロフィール

バクバクの会・お知らせ

Author:バクバクの会・お知らせ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR